渦を巻いているかどうか、というのは、

その場その場での、自分の在り方・与える印象、に直結する。

 

渦を巻いていない状態で参加しているときは、

所在無げな雰囲気が必ず醸し出される。

 

渦は、巻くか、巻かれるか のどちらかしかない。

 

巻かれることの楽しさもあるのだろうと思う。

ラクでもあるだろう。

 

ただ自分の場合は、巻く側でないと欲求不満になる

自分のビジョンを実現したい、という気持ちを抑圧することになるので。

自分が巻かないなら、自分がやる意味もない

 

だから、どんな場でも、必ず自分が渦を巻く、というスタンスで取り組んでいる。

そうしてはじめて、自分にとって面白いものにすることができる。